乾山茶碗 葡萄 南口閑粋作
乾山茶碗 葡萄 南口閑粋作
乾山茶碗 葡萄 南口閑粋作

後をひき継いだ中江与兵衛は、幕末の名工の一人、仁阿弥道八の門人といわれ、,乾山茶碗 葡萄 南口閑粋作,精巧な茶器を中心に雅味豊かな作風で盛況をみるが、後に廃窯となる,その気風と情熱に学び、素朴な味わいと親しみ深さの中に凛然たる気品のあるやきものの誕生を念願いたしております,昭和三十三年 大阪に生まれる,略歴,御挨拶,【茶道具 抹茶椀】,■ 作家:南口閑粋,乾山茶碗 葡萄 南口閑粋作,昭和五十三年 初代宮川香雲に師事,杣山焼,杣山焼を開窯いたしました,南口閑粋作 乾山茶碗 葡萄

平成元年八月 開窯独立、これを機に杣山焼を再興、創作活動に入る,平成元年八月、素志叶い湖西の地の古窯に因み、,文化年中、杉山吉右衛門が琵琶湖湖西の地に多くの陶工を集め、上品な磁質のやきものを焼いたことに始まる,乾山茶碗 葡萄 南口閑粋作,■ 作家:南口閑粋,杣山焼 南口閑粋,■ 梱包:桐箱,■ 梱包:桐箱,■ 商品名:乾山茶碗 葡萄,乾山茶碗 葡萄 南口閑粋作,【茶道具 抹茶碗】,豊かな自然に感性を鍛え、作陶に熱中した先人陶工たち,昭和六十年 十六代永楽善五郎に師事,今後とも、皆様方の一層の御愛顧、ご指導のほど何卒よろしくお願い致します,■ 商品名:乾山茶碗 葡萄,昭和五十三年 京都府立陶工高等技術専門校卒業